Eclipseでwarファイルの配備をキメる

warファイルとは。

平たく言えばzipみたいなもんです。

もちろん平たくなく言えば違うのですが、おいちゃんみたいなおバカはそう覚えたほうがいろいろ捗ります。理屈(゚⊿゚)イラネ

で、デプロイ時の問題として開発環境で作ったものをそのままデプロイしたって基本動いてくれない。
web.xmlにもどこを参照するかって都合はあるし、開発中にだだっ広いコンテキストルートにばらばらと静的ファイルを繰り広げたくないという都合もある。
そんな時はデプロイ時に出力するフォルダを決めてあげるとハッピーになる。

eclipse_deploy

[ツールバー]→[プロジェクト]→[プロパティ]→[webデプロイメント・アセンブリー]

ここでwarファイル内で出力先にしたいフォルダを決定します。
たとえばプロジェクト直下にWebappという静的ファイルを置くフォルダを作成して、変更その他もろもろはここでやり、
デプロイ時には%ProjectRoot%\を\Webappへ配置するように設定する。

もちろんですが相対パスで参照してるとコケます。
絶対パスを書くように気を付けてください。
それかデプロイ前にパス表記だけ直すとか。

広告
カテゴリー: プログラミング タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中