SIer

ITProの「記者の眼」から。

IT業界の人月商売、多重下請けがもたらす45の害毒

当然ながらおいちゃんはユーザ企業側からの視点になります。

まず一番最初に「SIer」が必要か不要か。
少なくともおいちゃんは「必要」と思っています。

官公庁、金融、交通機関など大規模開発はどうしても各分野のエキスパートを集める必要があって、人繰り、管理をメインに仕事する人がいないとプロジェクトは回りません。
フルスタックだのPaaSだのと技術面では少人数でやっていけるようになった昨今でもやはり業務面のエキスパート、デザインのエキスパートとそれなりの役割分担があって、小さなチームでなんでも出来るってところまでは行ってないと思います。

ただ、今のやり方は拙い。何が拙いっていうと、

 

客観的に見て、効率性の面などで疑問のある独自機能や独自の業務プロセスでも、ユーザー企業が要求すれば、ITベンダーはせっせとシステムに作り込んできた。それによって、スクラッチで開発した複雑怪奇な基幹系システムや、アドオンのお化けとなったERP(統合基幹業務システム)などを多数生み出してきた。

その結果、ユーザー企業は業務効率化や業務改革の果実を得られず、結局は割高なシステムを使い続けることになった。しかも、頼めば何でも作ってくれるITベンダーの存在ゆえに、ユーザー企業のIT部門の企画力や開発力をスポイルし、最大のお客さんであるIT部門の劣化を促進してしまった。

 

これに尽きます。

「顧客に価値を届ける」とか言っても、まず顧客自身がシステムの価値を理解していない。
「Excelと同じ機能を作って」「○○という業務はあそこの部署とここの部署とあっちの部署がやっているから、その三つのサブシステムに全部同じ機能を作って」「画面が変わると仕事にならないからIE6必須」「法改正があったんだけど、どうすればいいの?」

こんなセリフが普通に飛び交っているユーザ企業に「価値」を届けるとしたら、そりゃ金額以外何もないでしょう。

もちろん悪いのはユーザです。
けど、そんなユーザをのさばらせている責任の一端はSIerにもあると思っています。

正しいものを正しく作ることを諦めている、顧客にシステムの価値を説明できていない、SIerにとっての「システムの価値」が顧客から検収を受けることになってしまっている。

Excelと同じ機能を作ってと言われたら「じゃ、Excelでやってください」くらい言えばいいと思います。
IE6でやれ、と言われたらサポートできませんと返すべきです。
要件定義書にDFDくらい書いてもらわないとシステムに落とし込めません、と言えばいいんです。

そんなことを言っていたら商売にならない、と言う人は多いかもしれませんが、営業やってる人は基本的に「客を躾けます」。
「よく訓練された客」(笑)じゃないですが、躾けのできていない客は営業の首を絞める存在なんです。
いい営業員は客を上手に躾けている営業員、ともいえます。

それと同じでSIerもまず、客の役割を説明し、要求の矛盾があれば指摘し、過度の要求は拒否しないとダメだと思います。
時折、質問に質問で返し、要件を後出しにする糞みたいな客もいますが、そういう客は切ればいいんです。
そこで1案件受注したとしても後の負債になるだけなんですから。

まあ、つらつらと理想論を書きましたが、現実的に20年以上客を躾けずのさばらせた結果はそうそう回収できないと思います。
ただ、これからもずっと同じように御用聞きで居続けるなら、客はもっと馬鹿になるし、客が馬鹿になる=日本の産業全体がITについて馬鹿レベルに落ちていく、ということなので、どこかで今までの負債を返済し始めないとあかんのではないでしょうか。

とりあえず、馬鹿なお客の手先としてネガティブな意見を書いてみました。

広告
カテゴリー: お仕事, もの言わぬは腹膨るるわざなり パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中