フロリダのゲイクラブ銃撃について — トロントのハッテン車窓から

いつもと同じ日曜日の朝。 紅茶を飲みながら携帯をチェックした。 フロリダのゲイクラブ銃撃のヘッドラインでニュースフィードが埋め尽くされていた。 「死者20人」という数字はどんどん増えて、午後には「死者50人」になっていた。 イスラム教徒であるオマル・マーティン容疑者がゲイを嫌悪していたという証言も出てきた。 そんな悲しいニュースと共に、ネット上は醜い言葉で溢れていた。 多くの人たちは怒りの矛先をイスラム教徒へと向けた。 携帯の電源を切った。 正直、あまりのショックに頭の中が真っ白だった。 6月、トロントはプライド月間を盛大に祝っている真っ只中である。 プライドが抗議デモから祝典に変わったのは、それだけ社会が変わったという証拠だ。 しかし、2016年にフロリダのゲイクラブで50人が銃殺されたというニュースはそれを揺るがすには十分だった。 その場にいた人たちのことを考えただけで胸が痛んだ。 時代が変わっても、ゲイだということで殺される。 その現実は残酷だ。 そして、今でも多くの人が差別や偏見のせいで命を落としている。 毎年、多くのトランスジェンダーの人たちがヘイトクライムで殺されている。 LGBTコミュニティの自殺率は相変わらずで、いじめ問題も深刻である。 ゲイクラブの帰りに夜道を歩く時、恐怖とは隣り合わせだ。 同性婚という華やかな権利で何もかも解決したわけではない。 今夜、世界各地で追悼イベントが行われた。 トロントも例外ではない。 ロウソクを手に握って、1000人以上の人たちがチャーチストリートに集まった。 トロント市長やオンタリオ州首相まで出席していたことに驚いた。 近くに立っていた男の子は声に出して大泣きしていた。 周りの人たちは彼を気にかけていた。 そこには笑顔や優しさや愛が溢れていた。 こうやって支え合うことで、このコミュニティは悲しい出来事を乗り越えてきた。 「暴力に対して、暴力で立ち向かってはいけない。このコミュニティは愛で暴力に打ち勝ってきた歴史がある。どうか、イスラムフォビアでホモフォビアに対抗しないでほしい。」 「ゲイを嫌う行為も、イスラム教徒を嫌う行為も、同じ差別である。別々の問題ではない。片方の差別を許さずに、もう片方の差別に手を貸してはいけない。」 「フロリダ州と同じように、トロントにも未だに問題がたくさんある。ホモフォビア。トランスフォビア。人種差別。性差別。そうした問題から目を背けてはいけない。」 数々のスピーチの末に、数え切れないロウソクに火が灯された。 暖かい光に照らされながら、手を繋いでみんなで祈った。 朝からずっとモヤモヤしていた気持ちが少し晴れた気がした。 「こんな悲しい事件があったからって、私たちがプライドを祝うことをやめるわけがない。暴力と恐怖で攻撃されるなら、私たちは愛で立ち向かうだけだ。自分を誇りに思う権利は誰にも奪えない。」 このスピーチの言葉がとてもしっくり来た。 今年のプライドは例年以上に盛り上がりそうだ。

経由: フロリダのゲイクラブ銃撃について — トロントのハッテン車窓から

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中